マディソン証券について

  • 弊社親会社「マディソンホールディングス(ジャパン)株式会社」の筆頭株主として、香港のCVP Financial Groupが資本参加致しました。

    CVPは経営管理態勢の強化を第一と掲げ、変革・改革を推進する為、弊社に旧ヤマゲン証券からのCHANGEを図るべく4つのNEWを打ち出しております。
      ① New Management(新しい経営)
      ② New Incentive(新しい処遇制度)
      ③ New Image(新しい社名)
      ④ New Capital(新たな資本の投入)
    このテーマに基づき、CVPと弊社は太い絆のもと 一体となって日本と香港を拠点とした証券金融ビジネスを展開して参ります。

    単なる社名変更に留まることなく、新しい収益経営基盤を確立し証券ビジネスを担うに相応しい会社にすべく、社員一同一丸となって努力していく所存でございます。
    今一層のご支援を賜りますよう お願い申し上げます。


商品・サービス

国内株式
国内株式

東京証券取引所(1部、2部、マザーズ、JASDAQ)及び大阪取引所に上場の銘柄をお取引できます。
なお、名古屋証券取引所(1部、2部、セントレックス)、札幌証券取引所(札幌市場、アンビシャス)、福岡証券取引所(福岡市場、Q-Board)の銘柄はお取引できません。

外国株式
外国株式

海外のグローバルに展開する優良企業、成長性の高い企業、高い配当利回りが期待できる企業が数多くあり、これらの銘柄を投資対象としてお取引いただくことが可能です。
米国取引所、香港取引所の銘柄をお取引できます。 また、外国株式も特定口座で取引することができ、他商品との損益通算が可能です。

外国債券
外国債券

外国債券は、高い利回りや為替変動による差益を得られるという利点があります。日本株式とは異なる値動きをする傾向があるので、分散投資として外国債券を組み入れることで、リスクを軽減する効果が期待できます。
その一方で、価格変動リスク、信用リスク、為替変動リスク、カントリーリスクがありますので、注意が必要です。
ブラジルレアル、トルコリラの取扱実績があります。



TOP